荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

草紅葉揺れる 尾瀬ヶ原

b0244811_23323262.jpg


■山行日:2012年10月5日(金)
■山:尾瀬ヶ原
■目的:尾瀬デビュー
■ルート:鳩待峠(08:50)-山の鼻(09:50)-竜宮(11:35-12:20)-鳩待峠(15:00)

「来週そっちゃへ行くで」

例によって何の前触れもなくヨメからの上州上陸宣言メール
えーっと何日のことだ・・・なんと!3連休かぶってるじゃないか
私の、私の秋の北アルプス行はどうなるのだ
こんな場合は?なんと言って、お断りすれば良いのだ?とモタついてる間に

「尾瀬行きたいねん、連れてってな」

あぅ、休みを合わせることを前提とした2通目のメール、追い込まれたじゃないか
はっ、早く、お断わりメールを
えーっと、あ、い、に、く、そ、の、辺、り、は、すでに、と・・・
うっ、着メ来た

「今さっきクツとザック、宅急便で送ったし」

・・・留めの3通目で撃沈
私の、私の、私の秋の北アルプスよ
来年まで待ってておくれ



b0244811_1140965.jpg


尾瀬では、ほとんどのハイカーは前泊で歩く
それは湿原ならではの朝靄が浮かぶ幻想的なシーンを目当てにしているからだ
なのに、我が家が戸倉駐車場へ着いたのはもう8時
ま、ヨメさんが遥々と上州へやって来たのは昨夜の23時だ、仕方ない
案内所に言われるがままにチケットを購入し、そのまま乗り合いタクシーへ
30分くらいだったか?うとうとしてる間に鳩待峠に到着すると、なんと賑やかなこと
アンラッキーなことに小学生の団体登山と鉢合わせだ

b0244811_23343711.jpg


「お父ちゃん?なにコレ?ずんずん下ってるで?」

そう、鳩待峠から尾瀬ヶ原は標高差200mも下るのだ

「ふーん、楽ちんでエエなぁ♪」

帰りは当然登り返すことを、今は黙っておこう・・・ってか、分かるだろフツー

b0244811_23361170.jpg


トレイルは沢沿いをずんずん下って行く、至仏の裾辺りを歩いてることになるのだろうか
紅葉は思ったよりも進んでない
それでもときおり立ち止まってしまうほど色づいた葉も覗く

「もー、底やろなぁ?」
「これ以上は降ることないやろぁ?な?」
「えーっ、どこまで行くんこれぇ?」
「お父ちゃん?この道間違えてへん?」

ヨメよ、お前の大げさな一声のたびに、小学生のクスクス笑いが聞こえるぞ
お願いだから、この美しい森で大声は止めようよ

b0244811_23372813.jpg


沢を渡る橋の上、小学生グループが騒いでいる
どうやら岩魚がいるそうだ
その橋を越えてしばらくすると、山の鼻ビジターセンターだ

そして、山の鼻を越えてゆくと

b0244811_1144217.jpg


「うゎーっ、これこれ、TVとかで観るのと同じやん、きれーっい!」

b0244811_11453924.jpg


絶叫しながら木道を駈けてったヨメさんの後ろ姿は消えた・・・

b0244811_23414680.jpg


眩いばかりの秋の陽射しに、草紅葉の海原が波打っている

b0244811_11462353.jpg


池塘に映える空と雲
小学生たちの笑顔と歓声を飲み込んで揺れている

ヒツジグサのパッチワークも揺れている

b0244811_11472722.jpg


尾瀬ヶ原全体が、緩やかな風に流されて、静かに静かに揺れている
このシーンは写真では伝わらないだろうな

b0244811_23463290.jpg


牛首の池塘に燧が映り込む
憧れの尾瀬に完全にハイになったヨメと、やっと再開
お前は糸の切れた凧か?

b0244811_23465190.jpg


「んで、お父ちゃん、どこまで行くんやった?」

こんなところまで一人でずんずん先を行っても笑顔だ
きっと満足してるのだろう

んじゃ、竜宮の小屋でランチして帰ろか

「やったーっ!ランチランチ♪」

b0244811_23473277.jpg


可愛らしい竜宮の小屋、ランチはカップラーメンかカレーだけ

「見えたで、今見えたで、カレーってな、ボンカレーやで!」

あぁ、もううるさい、大きな声出すなって

「だって800円やで!涸沢やったら、もう200円足したらちゃんとしたカレーねんで」

まぁ確かに。でも、このエリアはみなさん脚で運ぶボッカなのだ

b0244811_23481445.jpg


「あらま。ボンカレーてこんなに美味しかったん?お父ちゃんイケるでこれ」

どないやねん・・・。
さ、そろそろ帰ろう
なんだか厚い雲が風に乗ってこっち来てるし

b0244811_23485035.jpg


竜宮付近は背の高いススキが揺れる

b0244811_11535226.jpg


何故だろう、遠い昔、誰かとここを歩いたかのような、そんな不思議な記憶に心が揺れる

b0244811_2351448.jpg
 

「なんか、めーっちゃ気に入ったわぁ、お父ちゃん。今度は至仏?登れるようがんばるわぁ」

ヨメさんの笑顔も揺れる

b0244811_23533454.jpg


ま、そんなに気に入ったなら
来年の初夏、水芭蕉と残雪に輝く燧ヶ岳を観に、連れて来てやらなくともない、ぞ?


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



何もかもが緩やかな秋の風に揺れる
そんな小春日和な一日だった
by slow-trek | 2012-10-16 17:34 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/19328596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まろん at 2012-10-24 15:32 x
くすくす♪(*´艸`*)
と、笑いたくなるような微笑ましいシーンがいっぱい頭の中に浮かびました。

なんかほっこりするなあ(*^^*)
いい夫婦やなぁ~♪
Commented by oyaji at 2012-10-24 19:00 x
そういえば、うちの嫁さんも尾瀬に行きたいって言っていたな
もう、紅葉も終わりですよね・・・・・
我が家も水芭蕉を見に行こうかなぁw
Commented by kastu♨ at 2012-10-25 00:41 x
まずは尾瀬ケ原への奥様ガイドお疲れさまでした〜(笑

>何故だろう、遠い昔、誰かとここを歩いたかのような、そんな不思議な記憶に心が揺れる

ふふっ・・・。 答えを少しだけ教えてあげましょう。
それはね前世でも一緒だったのですよ奥様とね♪
だから今生でもスロさんは奥様の人生の傘となるのです。
今のこの感じから察すると・・・来生も間違いないですね♪
とってもとっても素敵な関係。ムーチョ羨ましいですよ(笑
Commented by slow-trek at 2012-10-26 00:12
まろんさん

>なんかほっこりするなあ(*^^*)

いえいえ、時には周囲の空気が凍りつくほど
殺伐することもあるのですよ
あぁ、摩訶不思議なり、夫婦w

コメントありがとうございます♪
Commented by slow-trek at 2012-10-26 00:13
おやじさん

そうそう、奥様は尾瀬と富士山でしょ?
連れてってあげてくださいな
水芭蕉の尾瀬、ぜひともこの隠れ家で一泊してってくださいね
Commented by slow-trek at 2012-10-26 00:17
kastu♨さん

前世でも一緒?奥様の人生の傘?
なんだかkastu兄さん、ちょいとそれは違いまムーチョw
誰かと歩いた記憶って言うのは、ヨメではない誰かって
そう意味でムーチョ
あぁムーチョ
なんのこっちゃw
Commented by げんさん at 2012-10-26 07:54 x
もしや、もしや・・・、スロトレさんですよね?

とあるブロガーさんからの情報で、やっと探し当てました(笑)
最後の記事に、画面の前で呆然と立ち尽くしてしまい、
コメントもできないままでしたが、
お元気そうでなによりです。

ラストラブレターの話、そのブロガーさんにしたら
いまだに記事見ては泣けてくるそうです。(私もですが)

上州に来られていたのですね。
またどこかの山でお会いできるといいですね。
Commented by “すぎちゃん” at 2012-10-27 05:34 x
北アルプスも後に満喫されたようですし、奥様と歩かれる尾瀬、エエじゃないですか!
ススキの穂がいい雰囲気です。
Commented by slow-trek at 2012-10-28 23:07
げんさん

なんと!覚えていてくれました?ちょっと感激ものです
あ、この度は出版おめでとうございます
もちろん私も1冊は買い求めます、楽しみにしてますよ
上州に来たでしょ?いつ、どこでげんさんと遭遇?
なんて思うとドキドキものです
コメントありがとうございます
本当に感激してます
お伝え頂いたお仲間にも感謝です。。。
Commented by slow-trek at 2012-10-28 23:09
すぎちゃん
ススキ、いいカンジでしょ
本当はもっと背の高くすっとしたシーンがあったけど
近くで工事のヘリがじゃまして撮影できなくて・・・
なんてことはさておき、無事帰国おめでとうございます
この冬も大峰の画像楽しみにしてますね
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite