荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

朝焼け燃ゆる五竜岳 八方尾根から遠見尾根(前)

b0244811_010255.jpg


■山行日:2012年09月15日-16日
■山:唐松岳
■目的:八方尾根から扇沢への縦走・・・だった
■ルート:
黒菱平(05:20)-八方池(07:20-08:00)-唐松山荘(10:20-ピーク-11:10)-五竜山荘(14:40)
五竜山荘(04:45-白岳-05:40)-西遠見池(06:50)-中遠見(08:10)-アルプス平(09:15)

三連休、ほぼ未踏な後立エリアをプチ縦走しようと企んでいた
八方尾根から唐松、五竜、キレットを越えて扇沢までだ
いつもより事前に準備をして、虎視眈々とその日を狙っていたのだが
例によって急なシゴトのバカヤロー的事情で、三日目は出勤しなければならないハメに
いや、しなくとも良いのだが、それはそれでアレなので
だからと言って、必ずしも出勤しなければならないか?と言うとそうでもなくて
じゃ、ここはシゴトのバカヤローは放置するか?なんて勇気も無くて
でもだからと言って、諦めるにはもったいなくて

で?どうするよ?



b0244811_0115877.jpg


そんなモヤモヤ感を背負ったまんま、上州の隠れ家から出発
深夜の黒菱平、その星空の美しさは仮眠するのも惜しく感じられた
05時過ぎ、夜明けとともに歩き始める
すぐに始まるゲレンデ整備用と思われるコンクリ坂
北アルプス三大急登も驚くほどの勾配で、一気にヒートUPだ

b0244811_01232100.jpg


1時間も歩くと八方池山荘
今が6時半だから、今日の7時半始発のリフト組より約1時間アドバンテージがある
3連休だ、きっと今頃リフト乗り場では並び始めているだろう

b0244811_0131334.jpg


尾根ルートを直進するとすぐに白馬三山が目の前に立ちはだかる
その姿に圧倒されながらも、今日の晴天の素晴らしさを知る

b0244811_0134414.jpg
b0244811_0271122.jpg


第一ケルン、八方ケルンを超えると雲の上だ
そこから八方池までは少し下る
気の早いナナカマドが赤く染まる木道を池に向かって進む

b0244811_0143623.jpg


もう、ここからでも白馬が映りこんでいるのが見える
初めての八方池がこんなコンディションだなんて
なんだか、もう今回の山行は大成功じゃないか、なんていい気になったり

b0244811_0151017.jpg


丸山ケルンを越えた辺りから、るガスが濃くなり始める
すれ違う下山者によると昨日は昼前からガスって午後から雨、今日も同じ天気だと
そう聞いても、テン泊装備じゃそんなに急ぐこともできない

b0244811_0153761.jpg


稜線は完全にガス、そろそろ山荘のはずだ、これじゃ剱岳は望めないか
とあきらめながら進む、そして山荘の前に回り込むと
なんと、南側はガスもなく、剱、立山が目の前に

b0244811_016231.jpg


さぁ、ガスが流れる前にピークだ
ザックを置いて一気に身軽になった脚で、唐松を目指す

b0244811_0162983.jpg
b0244811_01731.jpg


はぁ、、、
これで今日のミッションは達成だ
剱、そして不帰キレット、餓鬼、360度見渡せて大満足で山荘へ戻る
小休止だけで五竜に向かう、なんて言ったって三連休だ
どこで、どう混み始めるか分からないのだ
と、勢いを付けて歩き始めたが、すぐに始まるクサリ場からちょっとした渋滞

b0244811_0174133.jpg


そして、一気に暗くなった空からは雨が・・・

あぁ、ここまでか
ま、今日はいいよな、もう十分だ
と、あとは五竜山荘まで小雨と局所的な渋滞をノロノロと歩く

b0244811_0195714.jpg


やっと辿り着いた山荘では、早くもテン場は満室
少しでも快適な場所を探すテン場難民と化す前に小屋前に場所を確保
慌てて受付をすると、小屋番の方は、ここはダメなんですけど、まぁ今日はいいでしょ
なんて言われて設営を終えてテント内で独り乾杯してうとうとしてる間に
山荘前のスペースは、こんな姿に・・・

b0244811_0181924.jpg


誰かが大きな声でカウントしていたが、80いくつかで止まった
きっと90張オーバーだったことだろう
小屋では6畳に14人だとか聞こえ、何ラウンドだったろうか
夕食の案内は21時まで小刻みに聞こえていて
鞍部に響き渡る喧噪も鳴り止まない様子に、もう明日で下山しようと決めた
だって、このラッシュで、そのほとんどが鹿島槍に向かう
なんて聞かされると、もうトレイルがどんな状態なのか分かる

b0244811_0204070.jpg


うん、ここは潔く下山
そして、月曜日は出勤しよう
そう決め込んでシュラフに潜り込んだものの
深夜の3時前にふと起きて、テントからもそもそ出て見上げた星空の美しさ


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



このまま下山でいいのかなぁ

なんて
扇沢までの縦走に未練を覚えながら
怖いほど美しい星空の下、独り
by slow-trek | 2012-10-09 00:30 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/19178292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まろん at 2012-10-09 11:11 x
うおおおおー(*^o^*)

絵葉書のような素敵な写真!!!
ーε=(´ο`*)))ハアー ため息がてるほど
美しいです☆☆

お仕事の件、めーっちゃ気持ちわかりますー(*´艸`*)
Commented by slow-trek at 2012-10-10 00:25
まろんさん

絵葉書とまではいきませんが
最高なお天気に恵まれました^^
仕事はね、、、仕方ないですよね
コメントありがとうございます
先日、たまたま、まろんさんのブログを見たヨメさんが
美男美女カップルだと惚れてましたよ
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite