荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釈迦様お願い 赤井谷から釈迦ヶ岳

b0244811_11284857.jpg

■山行日:2012年07月16日(月)
■山:大峰山系:釈迦ヶ岳
■ルート:登山口(08:00)-神仙宿(12:20-13:20)-山頂(14:00-14:20)-登山口(16:00)

もう何週間休んでないのだろうか・・・このまま連休に突入すると
これまた三日間誰とも話すことなく、隠れ家か事務所で黙々と仕事をこなすだけだ
もうダメだ、このまんまじゃオレはダメだ、精神的にマズいのだ
金曜の夕方、仕事の手を休め何気なくANAのサイトを覗く
三連休前の金曜だ、空席なんてあるけないよな・・・ほら、伊丹行き満席、神戸も当然満席だ
あれ?、関空行き最終?空席が・・・ある・・・と、気付いたらクリックしていた
そして徐に自席で立ち上がるとオフィス中に響く大きな声で宣言した

もうオレ帰る!今日は定時で帰るぞ!後は来週!

最終案内がアナウンスされてる羽田に着いたのは、もうギリギリ
手にしたスマホにはヨメさんからのメール返信

Re:今夜帰るぞ
急に言われても・・・。私土日は実家やし。
 
えーい、お前なんて居なくても帰る、帰るって言ったらオレは帰るのだ!
キレイなお姉さんに案内されながら小走りでゲートまで駆けると最終便に飛び乗った




b0244811_11355285.jpg


そして翌日、誰も居ない二ヶ月ぶりの我が家で一人文庫本を斜め読みしながらクサる
これだと、上州に居ても同じだったか?交通費のムダだったか?
そう思い出すと余計に落ち込む、このまま居ても仕方無いし、明日、夜の便で帰るか
でもって月曜は残してきた山積みの仕事だ、とクサっていた私に天啓が閃いた
  
誰も相手してくれなくったってオレには山があるじゃないか、大峰があるじゃないか
こんな時はお釈迦様に会いに行こう、そう、行き先は釈迦ヶ岳だ

b0244811_11363946.jpg


そう張り切って月曜の早朝、十津川を目指す、いつもの林道は落石も無くスムーズに走り
8時ジャスト、登山口から歩き始める、すぐに汗ばむかと思っていたが
厚い雲が広がり冷たい風が吹く、久々の釈迦ヶ岳は、流れては湧き上がるガスが迎えてくれた

b0244811_11371070.jpg


いつものポイントで登山口を反れると谷へ向かって下る
静かな森を一人彷徨い歩く
何だかいつもと違う、何が違うのか分からないけれど、森の様子が違う気がする
そうだ、倒木が増えてる?昨年の台風、大雨、豪雪、この森も少しずつ姿を変えているのだ

b0244811_11381150.jpg


それまで、ゆっくりと歩いていた足が早まる、気が急いている
あの樹は、私の好きな、あの樹は大丈夫なのだろうか?倒れてはいないだろうか?
谷底に向かって小走りで下って行くと、そこに居た、木漏れ日を受けて独りで立っていた

b0244811_11385434.jpg
b0244811_11394296.jpg


千年樹よ、よくぞ立っていてくれた、去年の大雨は大変だったろ?雪も多かっただろ?
オレも今大変な状況でさ・・・。また来年逢いに来るよ。

b0244811_1140571.jpg
b0244811_11412525.jpg


もの言わぬ千年樹に別れを告げて、1年ぶりの沢に下るとシューズを履き替えた
すぐそこに望める山頂から少しずつ零れ落ちては集まった不思議な流れに足を浸ける
青空は無くとも、この誰も居ない谷底、冷たい風、大峰の神秘を味わう

b0244811_1143399.jpg


夏空は、時おり雲の隙間から光を射しては薄いブルーの水面をエメラルドグリーンに変える
わざと深みに入り、全身を神秘の流れに浸けては震えながら歩く
シャツが乾ききる前に、また全身を流れに浸ける
こんな誰も居ない谷底で独り何やってんだかなぁ、と笑う

b0244811_11444332.jpg


ナメの連続する箇所を過ぎると、適当に左岸に取り付き、山靴に履き替える
わしわし、わしわしと頭が空っぽになるまで、全身の水分が汗で出きるまで登り詰める

b0244811_1146626.jpg


ノンストップで神仙の宿まで駆け上がると、さすがにお堂前でダウンした
冷たい風に震えながらも、風に吹かれるまま、石積みの上で少しうとうとする

b0244811_11473129.jpg


曇り空にガスで何も見えない大台方向を睨みながらランチを終えると
さて、お釈迦さまに会いに行こう
シカの鳴き声が響く森の中をトラバースしていると、どんどんガスが湧いて来る
こんなシーン、何度も見てきたよなあ、とデジャブ感に浸りながら
隠し水での冷たい水で渇きを癒すと、最後の急登を進む

b0244811_1148238.jpg


いつもと変らぬ笑みで立つお釈迦さま
会いたかったです、今まで何度かお願いに来たけれど
今日は初めて自分のことお願いに来ました

何も言わないお釈迦様、長い間頭を下げてる私、二人を白く濃いガスが包み込む
ほんの一瞬のようにも、1時間のようにも思える時が流れる

b0244811_114999.jpg


何をお願いするんだったっけ?今日は何を目的にここまでやって来たっけ?
なんだかなぁ、もう・・・どうでもいいか、ぜんぶぜんぶ、どうでもいいや

次から次へと湧き上がるガスに包まれて、お釈迦さまの前で座り込んだ
また、また来ますね。必ず来ますね。その時は・・・。

b0244811_11493911.jpg


少し早足の下山、振り向き振り向き歩くけれど、最後までガスは山頂に居座っていた
吉田の森を過ぎる頃、一気にガスが消え去り、南には夏の青空が覗いたけれど
登山口まで帰った瞬間大粒の雨が落ち始めた

b0244811_1150971.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



全身を雨に打たれるがまま佇んで
久しぶりの夏の雨の香りを、胸いっぱいに吸い込みながら
大峰にしばしの別れを告げた

 
by slow-trek | 2012-07-22 11:59 | 近畿[大峰山系] | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/18699864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by “すぎちゃん” at 2012-07-22 16:52 x
奥様がいらっしゃらずとも大峰が恋しいんですね!
仕事も大変みたいですけど頑張って乗り切って下さい。
山がない所よりイイと思いますよー(笑)
Commented by ピッケル君 at 2012-07-22 17:34 x
だいぶ 溜まってますナ・・・

大峰は そんな貴方をいつでも優しく包んでくれますヨ!
大峰だけじゃなく ア・タ・シ も!?
それにしても 何で声かけてくれへんかなぁ~
Commented by oyaji at 2012-07-22 23:40 x
この文章を、あの広い部屋で一人で打ち込んでいるスロトレさんの姿を思い浮かべると、ちょっと涙が出てきます
ガ・ン・バ・レ!

また、来週泊めてくれる?

Commented by かお at 2012-07-23 22:28 x
スロトレさん!お久ぶりです。
>千年樹よ、よくぞ立っていてくれた
自然に対するスロトレさんの優しさを感じています。
薄いブルーからエメラルドグリーンに変化する
少しずつ零れ落ちて集まった不思議な流れ…
とても神秘的ですね。
>今日は何を目的にここまでやって来たっけ?
自然の中に入ると現実の世界のことを忘れてしまいます。
何回か同じ山域に登っていると、同じような瞬間を
デジャブのように思い出すものなのですね。
スロトレさんの世界に引き込まれそうでした!
Commented by たかっさん at 2012-07-23 22:33 x
大好きな木と話が出来て少しは元気になったんちゃいますか?
スーさん、今は大変みたいやけど、そればかり思ってたら大変なことばかり目についてしんどいんじゃないかな。
大変かもしれないけど、楽しいこともあるさと思えば楽しいことの方か多く感じるんじゃないかな。
人生いろんなことがあって思いどうりにいかないことだってたくさんあるけど、楽しい面を見ていきましょうよ!
また、どこかでバッタリしましょう。
Commented by パンダ at 2012-07-24 01:11 x
あれ、あれれ〜、惜しい〜
登山口8時とは、ますます惜しい〜
この日は、林道の分岐を下に行って、宇無ノ川で流されてました。

赤井谷も水が綺麗ですね。やっぱりここら辺の水は極上です。
南アルプス天然水・・・その水色においては、大峰台高のように魅惑的ではありません。
Commented by 橿原 太郎 at 2012-07-25 22:17 x
スロトレさん、ご無沙汰です。いつも、ブログは拝見していましたよ。
山へは全くの初心者だった私も少しずつは山馴れしてきて
今シーズンは釈迦ケ岳へは行けそうです。そのうちにお釈迦様に会いに行きます。
下界でのいろんなことも山を歩けば、自分のなかで上手く浄化されますよね。
そろそろ、個人的にはご夫婦での北アルプスのレポを期待しています。
Commented by slow-trek at 2012-07-31 00:42
すぎちゃん
ヨメさんと大峰は、まったく別物です
ってか、別腹です(何のこっちゃ?)

>山がない所よりイイと思いますよー(笑)

そですね、たいへんでしたよね^^;
Commented by slow-trek at 2012-07-31 00:46
ピッケルさん

>大峰だけじゃなく ア・タ・シ も!?

はいはい、はいったら、はい^^;
また帰阪の際は声おかけします
去年のリベンジもあるしね

ふふっ
Commented by slow-trek at 2012-07-31 00:47
おやじさん

>ガ・ン・バ・レ!

ううっ
そんなコメント、私の方が泣けてきますよ
いつでも来てください
奥様もぜひ、ぜひ
Commented by slow-trek at 2012-07-31 00:50
たかっさん

>そればかり思ってたら大変なことばかり目についてしんどいんじゃないかな

いや
このところ、睡眠時間3時間なんですよね
なもので、大変なことしか見えないどころか
人生最大の大変な状況なのですよ
コメントありがとうです^^
Commented by slow-trek at 2012-07-31 00:52
パンダさん

>この日は、林道の分岐を下に行って、宇無ノ川で流されてました。

あれ、あれれ〜、惜しい〜^^
私は上州から、パンダさんは山梨から?
お互い、しっかりと大峰に還ってるんですよね
なんだか笑えますね
また、どこかで!

Commented by slow-trek at 2012-07-31 00:58
かおさん
こちらこそ、ご無沙汰しています
ブログ再開されてたのですね
素敵なブログですねー、またお邪魔させて頂きますね
私の方は、今ちょっとアレでして^^;
我ながら、病的な記事をUPしてたりしますが
そのうち、いつものモードに戻りますので
懲りずに遊びに来てやってくださいませ♪
Commented by slow-trek at 2012-07-31 01:01
橿原 太郎さん
ご夫婦での山歩き、続けられてるのですね
いいですね!釈迦ヶ岳、ぜひとも奥様をお連れください
ただ、秋まで待った方がいいかと、、、はい。
我が家のアルプス行は、今シーズンはありません
台高とかの近場なら、あるかもです
機会があればUPしますね♪
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite