荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ジョバンニの午後 活字拾いとボランティア

b0244811_116137.jpg

 
春雷に荒れる土曜日、上州は高崎のとある薄暗い作業所で、私は途方に暮れていた
大好きなはずである文字たちに溺れて途轍もなく途方に暮れていた

手にした小さな木箱には、8コの字、その一番左は”曳”だ

えーっと、、、曳曳曳、、、どこだ?どこに戻すのだ?
曳は部首で言うと何?辺はなんだ?ん?
さっぱりだな・・・
曳と言えば三島だよな、三島由紀夫の午後の曳航だ
あれっていくつの時読んだっけ?ミシマなんて読んだの、あの一作だけだよな
たしか映画化もされてたっけ、あれ?オレ映画は見てないぞ?
なんて、どうでもいいことばかり頭に浮かんで集中できない

あぁ、これは私には向いてない、私はジョバンニにはなれない



b0244811_1534538.jpg


私が途方に暮れているのは、とあるWS(ワークショップ)でのこと
その舞台となる場所は、広栄社印刷所さん
今やその存在も希少化されつつある活版を使った印刷所だ
WSのテーマは

震災の影響で散乱してしまった活字を分類して、棚に戻す現状復帰のお手伝い!

b0244811_1191012.jpg


昨年の3.11の震災は、もちろん上州にも影響を与えている
この印刷所では、約40万本ある活字が数万本、棚から落下してしまった
その活字たちを元に戻してあげる、そんな作業だ

b0244811_1295719.jpg


そこに集まったのはジョウモウ大学の学生、10名のモノズキなオトナたち
なんと募集人数に対して3倍の競争率を潜り抜けての参加だ
まず初めは、活版についての簡単なレクチャー、ウマ、ステッキ、ハイデンベルグ・・・
初めて聞く言葉と活版のサンプルにオトナたちは興味津々

b0244811_1302354.jpg


そんな中、最も私が惹かれたのはハイデンベルグ
まるでパイプオルガンのような巨大な楽器に見えるマシンは1940年代からここに座ってるそうだ
この楽器から、いったい、いくつの物語や人の名前たちが活字となって紡ぎだされてきたのだろうか?
その本や、名刺、招待状たちは今、上州のどこにいるのだろうか
なんて、レクチャーも上の空で、ハイデンベルグに吸い込まれていた

b0244811_120293.jpg


そんなレクチャーが終わると、いよいよ作業の開始だ
ウマと呼ばれる棚から落ちた活字たちを、号数、フォントによって分類してゆく
フォントは、明朝、楷書、ゴシックなので分かるだろうと思っていたが
活版の文字は逆、鏡文字なため中々読みにくい
そんな作業も大詰めに入ると、いよいよその活字たちを元いた場所に戻してやるのだ
これがなんとも大変な作業
へん、部首、画数などによって分類されている場所が、見つからないのだ

b0244811_1212694.jpg
b0244811_1232440.jpg


結局、時間延長して約40分、私が元に戻せてやれた文字たちは
曳、歴、征、このたった三つだけ

これじゃ銀河鉄道の夜の主人公、ジョバンニのように活字拾いのアルバイトは出来ないな

初めて会った人たちと初めて訪れた街で過ごした時間は楽しくて
好奇心、それに昨年からいつか何かのカタチで、と思っていた震災被害へのお手伝い
その両方が満たされて、なんだかココロが豊かになったかも


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



ひとりの帰り道
上州の空は雨も上がり、高崎の街並みの向こうには赤く染まる赤城山
自然と笑みが浮かんでいた

ジョウモウ大学の皆さんありがとう

.
by slow-trek | 2012-04-02 01:53 | 断想 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/18066405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyaji at 2012-04-03 21:58 x
お疲れ様です
現地ではいろんなボランティアがあるんですね
そして、復興もまだまだ道半ばと感じました
印刷所が以前のように活気づく日が早く来るといいですね!
Commented by 単独行 at 2012-04-03 22:27 x
ちょつと前ですが、ニュースでやってました。
生活復旧が優先なのでこのような事業所は二の次で
なかなか復旧がされなかったそうです。
その結果多くの印刷所が廃業したそうです。
残していくべきでしょ、絶対。
Commented by slow-trek at 2012-04-04 22:02
オヤジ」さん

そですね、被災した場所は全て現地であって
全ての人が被災者なんですよね
印刷所、きっと復活されると思います
Commented by slow-trek at 2012-04-04 22:05
単独行さん

>残していくべきでしょ、絶対。

はい、実はこの日もNHKが取材に入る予定だったそうです
朝日新聞の反響もあったようです
報道されていないところで、いろんな被害があるんですね
でも、この活字を、一文字づつ戻す、なんて気の遠くなる作業
してるとね、地震のバカヤロー!ってマジで叫びたくなります
Commented by 佐藤MKSD at 2012-04-10 02:50 x
こんにちは。
ジョウモウ大学・活字授業の
企画、授業コーディネーターをしている佐藤です。
ご参加本当にありがとうございました!

グーグルのアラート検索機能でブログを知り、
感慨深く読ませて頂きました。

ジョバンニはもくもくと作業しててだいぶ慣れた手つきでしたね。
実際はなかなかあのようにはいかないです。
私ももう何度も現地に通っていますが、
並びが全然覚えられません・・・。
まだまだ続けていきますので、
タイミングあえば是非とも宜しくお願いします。

また、この素敵にまとめて頂いたブログポスト是非とも
ジョウモウ大学のツイッターなどでご紹介させてください。

今後ともよろしくお願い致します!
Commented by slow-trek at 2012-04-10 22:50
佐藤さん

こちらこそお世話になりました
大変楽しく充実した時間を過ごさせて頂いて
心より感謝しています
知的好奇心と、上州の文化学習、なかなか能動的に
満たせられるものではないのでこれからも
チャンスがあれば受講を申し込みたいと思います
でも・・・先日のお花見は凍えたことでしょうね(笑

こんな記事で良ければいくらでも紹介して下さい
あ、活字部?部活動のお知らせも待ってますね♪

Commented by あしか図案 殿岡 at 2012-04-12 11:32 x
こんにちは。
授業当日、進行役をさせていただいた殿岡です。佐藤さんのツイートでこちらのブログを知り拝読しました。
みなさんそれぞれの想いで参加されているのだなと改めて感じて、胸が熱くなりました。
部活動も地道にコツコツとやっていきたいと思いますので、また是非お気軽にご参加ください!
Commented by slow-trek at 2012-04-14 21:12
殿岡さん
コメントありがとうございます
実はね、殿岡さん、私が高校生の頃の物理の先生にソックリで(笑
そんなこと思い出しながらレクチャー受けてると
なんだかタイムスリップしたみたいで(ごめんなさい)
胸が熱くなるだなんて、そこまで言われるとくすぐったいのですが
本当に素敵な時間を過ごさせて頂きました
こちらこそ今後ともよろしくお願いします
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite